京都市左京区一乗寺松原町の厄よけ・ガン封じ・交通安全・自動車祈祷の総本山 【真言宗修験道 大本山 狸谷山不動院】
Facebook
Twitter
Instagram

狸谷山不動院ブログ | 真言宗修験道 大本山 狸谷山不動院

狸谷山不動院ブログ
.

IMG_0213初詣の全ての準備が整いました。狸谷不動明王本堂参拝は午前零時に開門いたします。

尚、午前7時より、本堂において大本山狸谷山不動院貫主大導師のもと「平成28年申歳 日の出一番大護摩法要」が、また自動車祈祷殿は「交通安全自動車祈祷」がそれぞれ厳修されます。

皆様方のご参拝を心からお待ち申し上げております。

真言宗修験道 大本山 狸谷山不動院


1625505_215970925270296_1707380771_n

本日28日は「納め不動」。午前11時護摩法要をもって年内御祈祷を納めさせて頂きました。今年一年間、多くの方々にお不動様のご利益をお授けできましたこと、心から感謝申し上げます。

また、リニューアルした狸谷山不動院公式ホームページも本日で1周年を迎えることができました。併せて御礼申し上げます。

本日より本格的な迎春準備に入り、皆様方の初詣ご参拝をお待ち申し上げております。

では、皆様方におかれましては、2016年申歳が輝かしい一年であることを心からお祈り申し上げ本年最後のご挨拶とさせて頂きます。

真言宗修験道 大本山 狸谷山不動院


IMG_0209 (2)

 1946年戦後、平和国家になった喜びと復興発展を祈念する人々で狸谷詣は一挙に賑わいを呈した。市電タカノ(北大路・東大路交差点)下車し、モンペ姿に下駄履き、往復5キロの山道を、狸谷不動明王の霊験を求める信者で長蛇の列が出来る程の盛況であった。1950年狸谷山第一世貫主亮栄和上が作詞した御詠歌がある。

ありがたや 狸の谷の 不動尊 

       おかげいただき まいるよろこび

当時、狸谷不動明王を讃仰する御詠歌講が木遣り節で声高らかに奉詠されていた。

亮栄和上は1966年遷化。没後50年を迎えたことで11月3日五十回忌法要が営まれた。追善の誠をもって作者の御詠歌を短冊に墨書する。

広大無辺なる狸谷不動明王のご恩徳により「おかげいただき まいるよろこび」を再感得して信仰心の昂揚に努めていただきたい。

平成28年申歳 新春 大本山狸谷山不動院 第二世亮如長老八十七翁記す

 

 


10 / 23« 先頭...89101112...20...最後 »

最新のお知らせ

狸谷山日誌

カテゴリ

RSS

Facebook
Twitter
Instagram