京都市左京区一乗寺松原町の厄よけ・ガン封じ・交通安全・自動車祈祷の総本山 【真言宗修験道 大本山 狸谷山不動院】
Facebook
Twitter
Instagram

狸谷山不動院ブログ | 真言宗修験道 大本山 狸谷山不動院

狸谷山不動院ブログ
.

台風5号が7日から8日未明にかけて近畿地方に最接近します。当山では、大雨・強風による枝の飛来、倒木、落石が生じる為、日中の参拝時間を制限させて頂く場合がございます。参拝者の皆様の安全を確保する為の措置でございますので、ご理解ご協力の程宜しくお願い申し上げます。尚、この情報は当山ホームページもしくは当山公式SNSで随時アップ致します。


1625505_215970925270296_1707380771_n

狸谷山不動院は東山36峰の第9峰目瓜生山の中腹に位置しますが、これらの山々は花崗岩質に覆われ非常に地盤の緩い地域となっています。しかも、当山の境内は1718年現在の本堂奥にある洞窟に不動明王が安置され以来、300年もの間自然の地形を最大限に生かした「森林伽藍」となっています。つきましては、降雨量が増しますと倒木の危険性が非常に高くなる為(大雨洪水警報等の発令)、止むを得ず閉山の措置をとることがございます。参拝客の皆様の安全を最大限に確保するための措置でございますので、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げましす。尚、閉山措置の情報は当山ホームページ、公式SNS(フェイスブック・ツイッター・インスタグラム)でご確認下さい。


2017春の特別洞窟内陣参拝

「春の特別洞窟内陣参拝」のご案内です。本尊不動明王は本堂奥の石窟に安置され、まもなくその祈りの法灯は300年を迎えます。4月29日(土)~5月7日(日)に限り(期間中毎日9時~16時)、不動明王の目力と洞の神秘へご案内いたします。現在の狸谷山不動院本堂の内陣が当時の石窟の場所になります。(本堂建立時に、石窟の補強工事を施しましたが、その石窟空間は当時と同じです)。(入山料500円)

 


1 / 2012345...1020...最後 »

最新のお知らせ

狸谷山日誌

カテゴリ

RSS

Facebook
Twitter
Instagram